ホームページトップへ

私がお薦めするキャンプ場

私は主に九州のフィールドで活動しておりますが、これまで利用してきたキャンプ場で気に入ったところをいくつか紹介してみようと思います。多少辛口の評価をしているところもありますが、利用した感想とでも思って読んで下さい。
さて、私が活動する際は必ず神様(妻)にお供いたしますので、必然的に神様(妻)のお好みによりキャンプ場をセレクトすることが多く、この点は避けて通れません。九州各県いろいろなキャンプ場があるわけですが、雄大な自然を抱えている久住、阿蘇近辺が多くなってきます。現在北九州に住んでいるので、鹿児島や宮崎のフィールドとなるとなかなか脚が延びないので、ご勘弁下さい。

なお、キャンプ場を利用しての感想などをメールいただけたら嬉しいです。

<福岡県>

ラピュタファーム
久留米ふれあい農業公園

<佐賀県>

波戸岬キャンプ場

<大分県>

泉水グリーンキャンプ場
久住高原オートビレッジ
くじゅうやまなみキャンプ村
久住山荘南登山口キャンプ場
三日月の滝公園キャンプ場
大分農業文化公園オートキャンプ場

<熊本県>

茶の原キャンプ場
アウトランド小国郷
阿蘇ファンタジーの森
甲の瀬ファミリーキャンプ場
南阿蘇国民休暇村キャンプ場
菊池高原ファミリーキャンプ場
グリーンピア南阿蘇オートキャンプ場
奥矢谷渓谷キャンプ場・Mother Nature”きらり”
阿蘇いこいの村キャンプ場
歌瀬キャンプ場
山鳥の森キャンプ場
ゴンドーシャロレー牧場オートキャンプ場

<中国地方>

ふるさと森林公園キャンプ場(島根県)
経ヶ丸オートキャンプ場(岡山県)
国営備北丘陵公園オートキャンプ場(広島県)

<四国地方>

ゆとりすとパークおおとよ オートキャンプ場(高知県)
橘ノ丘総合運動公園キャンプ場(香川県)
国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場(香川県)

ラピュタファーム(福岡県田川郡川崎町大ヶ原 TEL:0947−47−4000)

http://ns.iizuka-net.ne.jp/~laputa/

ここは果樹園なのですが、キャンプも出来る施設です。2002年春にダッチオーブンクックオフ九州が行われ、私も運営者の一人として参加してきました。果樹園なので炊事棟などの施設が完備されていません。。だから普通のキャンプ場とちょっと違うのですけど、ワイルドなキャンプをすると思えば楽しめるんじゃないでしょうか?場所は川崎町のほぼ中央になるのかな??ちょっと分かりにくい場所になりますけど、「中岡医院」の交差点を目印にすれば辿り着けると思います。

久留米ふれあい農業公園(久留米市草野町吉木33 TEL:0942−47−6065)

http://www.city.kurume.fukuoka.jp/guide/007/730/736/

園芸が盛んな久留米市ですが、ふれあい農業公園でキャンプできると聞いて2005年1月に訪問しました。広大な芝生の広場は平坦で非常に気持ちの良いところです。回りは園芸用の樹木を売っているところが多く、善導寺駅に近いところなのに自然が溢れてます。ちょっと驚きます。(笑) キャンプ利用料金も安く、福岡市から非常に近いのでも気楽に来れます。 また利用したくなりました。 近くにはスパリゾートホテル久留米があり、日帰りで入浴できます。 入浴料金がちょっとお高めですが、キャンプ料金&入浴料と考えれば非常に安いと感じることでしょう。 善導寺駅が近い(徒歩10分)ので「列車と踏切の音がのどかに聞こえてくるキャンプ場」ってところかな。。 いや、福岡から電車で来ることが出来るキャンプ場だから手頃で貴重なところと言えるかも。。 余談ですけど、久留米市草野町は我が祖先の故郷だったりする。。(笑)

波戸岬キャンプ場(佐賀県東松浦郡鎮西町 TEL:0955−82−2820)

2002年5月、青春野外塾中継のために訪れました。九州では珍しい海に面したキャンプ場。岬なので岩場も多く釣りを楽しむには最高の所かもしれません。サイトは芝生のサイトなんですけど、ちょっと狭めかな。。トイレ炊事棟ともに綺麗にしてありました。近くに海中展望塔なんかもあって子供達も楽しめるかもしれない。ただ難点を言わせていただくと、サイトにムカデが出ました。それに蚊も多かったような気がします。夏場はちょっと遠慮したいかな。。暑さと虫にやられたらたまったモンじゃないと思います。(笑)
春先か秋口の涼しいときに利用したいところです。

泉水グリーンキャンプ場(大分県玖珠郡九重町大字田野字後原 TEL:09737−9−3620)

九重山系の中で筋湯温泉の近くに位置する広大な林間フリーサイトを有するオートキャンプ場。特筆すべきはフィールド内に露天風呂があり清掃時間以外は自由に利用できる。(キャンパーは無料)キャンプ場利用料金は町営なので非常に安価。大型のバンガローやケビンも完備している。料金が安いことや設備が完備していることもあって、人気が高いためハイシーズンの予約には苦労する。広いフィールドであるため風が強いことが多いのが難点だが、風が強いことを除けば最高のキャンプ場。

<97年第2回NIFTY・SERVE九州春オフラインミーティング開催> 【参加者数】13組54人(大人:31人 子供:22人 ワン:2匹)


◎久住高原・オートビレッジ(大分県直入郡久住町白丹7571−23 TEL:0974−64−3111)

久住高原の広大な牧草地のなかに大きな地ビール工場があります。その中の一角にオートキャンプ場がオープンしています。ここは回りに木立がなく九重連山と阿蘇五岳が眺められる雄大なキャンプ場です。回りに風を遮る丘や木立がないので強風の時は要注意ですが、大自然を満喫できるロケーションとしては最高です。オートサイトは区画サイトが72区画、区画されていないフリーサイトもあります。区画サイトが便利ですけど、せっかくならばフリーサイトをお薦めします。フリーサイトは少し傾斜がありますけど、気になるというほどじゃありません。場内にはキャンプ場の他コテージ、地ビール工場&レストラン、露天風呂、売店などが完備されています。露天風呂は入浴券を購入すれば1枚で2回入浴できます。このサービスはキャンパーにとっては嬉しいですね。夏場のハイシーズンは人気が高く、区画サイトを予約するには早めの予約が必要でしょう。天候が良ければ九重連山の夕焼け、満天の星空があなたを歓迎することでしょう。

    <99年NIFTY・SERVE九州夏オフ・開催>     【参加者数】10組


くじゅうやまなみキャンプ村(大分県玖珠郡九重町田野267−18 TEL:09737−9−3444)

長者原バスセンターの近くにキャンプ場がいくつか存在します。その中でも施設の充実度とそこから眺められる景色を考えると、このキャンプ場が一番最高かもしれません。やまなみハイウエイから一本筋違いなので車の騒音もさほど聞こえませんし、何と言ってもここから眺める三俣山や硫黄山の姿は素晴らしい!オートキャンプサイト、フリーキャンプサイト共にゆったりとスペースを設けています。フリーキャンプサイトは車の乗り入れは出来ません。区画されたオートサイトは流し&電源も完備されていて非常に便利です。ケビンも充実していて車椅子にも対応できる建物もあります。場内にはシャワーがありますけど、車で5分も走れば温泉もたくさんあります。ちなみに長者原バスセンター、星生温泉、筌ノ口温泉共同浴場、山里の湯、筋湯温泉などがありますね。ここを利用するならば、長者原ビジターセンター付近の自然遊歩道(総延長1時間弱)をトレッキングしていただきたい!

久住山荘南登山口キャンプ場(大分県直入郡久住町久住南登山口 TEL:097−537−0135)

ここは古くからあるキャンプ場なんです。昔から久住登山のベースとしても利用されているところですね。最近では立派な貸コテージも出来ています。おもての道路から一段高くなったところにあるので、キャンプをしていても道路から見えないのでキャンプ場なのかちょっと分かり難いんです。(笑)ここは何と言ってもここから眺められる阿蘇山と久住連山でしょう。特に晴れた日だったら雄大な久住連山が目前に迫ってくるように感じられます。キャンプサイトは松の林間サイトで夏でも爽やかな風を感じられます。キャンプサイトはすべてフリーサイトになります。一番奥にあるサイトは少し斜面になるかな。。ここは大分バスが管理しているので、料金も少しお安めなのが嬉しい。でも、温泉やシャワーの施設はありません。もし温泉を利用するならば久住高原荘が一番近くかな。。管理棟で販売されている胡麻ソフトもお試しあれ。。

三日月の滝公園キャンプ場(大分県玖珠郡玖珠町小田中泊里 TEL:09737−3−2007)

筑後川の中流域に属する玖珠郡玖珠町。この玖珠町に三日月の滝があります。滝と言っても落差の大きな滝ではなく川幅が広く緩やかな流れの滝です。この川沿いに嵐山滝神社がありその側に公園&オートキャンプ場があります。ここはほとんどフリーサイトのオートキャンプ場。川のすぐ側なのでせせらぎの音を聞きながらキャンプできます。ただし、川が近くなので小さなお子様連れの方々は気をつけて下さい。緩やかな流れですが油断は出来ません。サイトはほとんどフラットですが、雨が強いと溜まりそう。。場内には露天風呂も完備されているので、ちょっと嬉しいです。(笑)私がキャンプしたのは梅雨の真っ最中。。川がすぐ側なので夏場は虫に悩まされそう。。(笑)

大分農業文化公園オートキャンプ場(大分県速見郡山香町大字日指1-1 TEL:0977−28−7111)

http://www.oita-agri-park.or.jp/

国東半島の根本に位置する大分農業文化公園。。ダム湖の回りに作られた公園ですけど、施設は充実しています。。レストラン、物産館、フラワーガーデンなど、家族連れで行くには満喫できるところかもしれません。特に花昆虫館は子供達も十分満足できると思います。私もここに興味が湧いてキャンプしたぐらいです。。。(笑)キャンプ場はダム湖を挟んだ反対側になり、すべて区画サイト。。常設のテーブルもあって非常に綺麗で便利です。トイレも水洗で間接照明なので綺麗。。。キャンプ管理室には貸し自転車(有料)があるので、ダム湖を一周してみてはいかがでしょう?40分ぐらいで一周できます。。。ただ難点を言えば、園内にアヒルやウサギ、羊などがいる「ふれあい動物園」がありますけど、害獣対策のため夜中に警告の空砲が鳴るのがちょっと。。(笑)とにかく高速のインターもすぐ側にあるので便利なところです。

アウトランド小国郷(熊本県阿蘇郡南小国町小田5954 TEL:0967−44−0531)

小国町から瀬の本高原の方へ国道442号線を走ると左手に黒川温泉がありますが、この反対側の山向こうに小田温泉があります。この小田温泉の中にアウトランド小国郷があります。切り開かれたフィールドは一見、学校のグランドのような感じもします。料金も手頃でしかも露天風呂が完備されています。(混浴ではありません)入浴料はキャンプ場の費用に含まれていますので、入りたい放題です。ただし、お風呂の深さが少し浅いのが難点です。フィールドは広々としたフリーサイトなので、ゆっくりと余裕を持って設営することが可能です。焚き火も直火でOKです。ただ、道路がすぐそこに走っているので、夜中にラーメン屋さんの屋台が通過したのには驚きました。キャンプ場の中には小さな池があってニジマスが釣れるようです。

<98年第3回NIFTY・SERVE九州春オフラインミーティング開催> 【参加者数】8組19人(大人13人 子供:6人)

山鳥の森キャンプ場(熊本県阿蘇郡南小国町)

実は一昨年オープンしたキャンプ場なのにどういう訳か一度も訪れていないキャンプ場でした。近くのアウトランド小国郷が気に入っていないせいかもしれないですけど、とにかくどういう訳か足が向かないキャンプ場でした。いつも利用しているショップが強く推薦するキャンプ場だから、へそ曲がりの私は行かなかったのかもしれません。とにかく、出向いたのです。小田温泉の中を通り抜けて行くわけですが、まさかこんなところにと思うくらいキャンプ場への導入路は狭いです。でも、キャンプサイトは思ったより広く、綺麗に整地されてます。区画のオートサイトは芝生ですが他のキャンプ場の区画サイトに比べるとちょっと狭い。大きなテント大きなタープをお持ちの方には要注意なのかもしれません。トイレは洋式の水洗もあり綺麗です。温泉も完備されていてファンタジーや泉水と比較しても綺麗ですし、キャンプ場内にある温泉を比較したらここが一番かも。。プールや小川もあって夏場は子供達のはしゃぐ声が聞こえてきそうです。管理人の井さんは若い夫婦で感じの良い方でした。私のお勧めのキャンプ場に入れてもいいですね。
訪問レポートはこちら

茶屋の原キャンプ場(熊本県阿蘇郡南小国町満願寺松ヶ迫 TEL:0967−44−0220)

意外と穴場のオートキャンプ場と言えます。フリーサイトのフィールドが3ブロックほどに分かれていて、谷間あるものの意外と広いフィールドには驚きました。料金は安価ですが、トイレの数が少ないのと少し汚れていたのが残念。ワイルド派のオートキャンパーには良かな?97年2月にNIFTYの九州キャンパーで耐寒オフ(ミニオフ)を実施しました。冬場で雪が積もっていたとは言え、楽しかったです。

阿蘇ファンタジーの森(熊本県阿蘇郡南小国町黒川6259 TEL:0967−44−0912)

阿蘇と名前が付いていますが、久住の方にあります。名前の由来はナゼ?フィールド内にはプールや釣り堀、露天風呂、バンガローなど非常に施設が充実しております。サイトによっては水場、トイレなどが少し離れていますが、許せる範囲でしょう。谷間にあるキャンプ場ですが、狭い土地を上手く利用したキャンプ場です。ハイシーズンは泉水と同じように人気の高いキャンプ場なので、予約が困難です。お早めに。。。

甲の瀬ファミリーキャンプ場(熊本県阿蘇郡南小国町中原甲の瀬 TEL:0967−42−1448/42−0839)

阿蘇外輪山の外側のマゼノ渓谷にあるキャンプ場。場内を小川が流れているので、夏場のファミリーキャンパーには楽しめます。サイトによっては水場が少し離れていますが、広いフィールドが3ヶ所ほどに分かれているので、かなりのキャンパーが入れそうです。料金も手頃で管理人さんも良い叔父さんでした。お風呂が近くにありませんが、車で15分ぐらいの所に南小国町温泉館「きよら」があります。ここも夏場は人気のキャンプ場でしょうね。
 <96年第1回NIFTY・SERVE九州秋オフラインミーティング「大阿蘇オフ」開催>  
【参加者数】17組50人(大人:28人 子供:22人)   詳しい模様はAKIさんのホーム・ページをご覧下さい。

阿蘇いこいの村オートキャンプ場(熊本県阿蘇郡阿蘇町大字蔵原字下大久保1420 TEL:0967‐34‐2151)

南阿蘇を「裏阿蘇」とすれば、ここは「表阿蘇」にあるキャンプ場です。アスレチック、迷路、フィールドゴルフ、おもしろ自転車、ミニ動物園、芝生広場、冒険の池、など遊戯施設が豊富でファミリーキャンパーにはお勧めかもしれません。料金も大人700円、子供500円と安いのも魅力です。ちなみにお風呂は「いこいの村」敷地内のホテルに入れます。(大人500円、子供300円)サイト状況は芝生の林間フリーサイトです。炊事棟は綺麗で、しかもコーラの自動販売機が設置されています。トイレは水洗ですから女性の方も安心じゃないでしょうか。難点をつけるとしたら、近隣にある牧場に牛がいるので蠅が多いということでしょう。暖かくなってくる時期や夏場はちょっと大変かもしれません。我々が行ったときは10月でしたが、蠅が多かったです。10月で結構空いていましたから、もしかすると蠅が多いので人気がないのかもしれませんね。(笑)いずれにしろ混雑しないキャンプ場であることには違いないかもしれません。
<98年(平成10年)10月10日KS-NETミニオフ開催> <99年12月25日忘年キャンプ@Coo、AKI、Virgo>

歌瀬キャンプ場(熊本県阿蘇郡蘇陽町大字菅尾 歌瀬1318 TEL:0967−83−0554)

http://www.inworld.ne.jp/~haru/camp.htm

阿蘇郡蘇陽町は九州の「へそ」にあたります。蘇陽町には『服掛松キャンプ場』という人気の高いオートキャンプ場がありますが、ここは最近オープンした新しいオートキャンプ場です。入り口から急な坂を上りきったところには綺麗な林間サイトと広いフリーサイトが広がっていて、ちょっと驚きです。林間サイトは全てオートサイトで流し&電源付きのAサイトと流しだけのCサイト、共有の流し付き(2サイト共有)のBサイトに別れています。トイレ(水洗)と炊事棟は立派な施設です。フリーサイトは広々としていて我々はフリスビーゴルフをやってみたり、子供達がボール遊びをやっても十分なくらい広いです。サイトは全て芝生で、水はけが良いようにわずかな傾斜も設けられています。園内には散策路が設けられてあり適度なアップダウンがあり散歩程度には十分楽しめます。また、奥には小川が流れていて夏には水遊びが出来そうです。小さな洞窟なんかもあったりして子供達は喜んでいました。ここのオーナーさんはブルーベリー園(蘇陽町の名産品)も持っていらっしゃいますので、夏場にはブルーベリー狩りもできます。場内には他にキャンプファイアーサイト、貸しログケビン、貸し 自転車(マウンテンバイク@半日1000円)、貸しそり(無料)。温泉は車で3分ぐらいの所に「そよ風パーク」の温泉があります。(300円)
オートサイトA:5000円。オートサイトB:4500円。オートサイトC:3000円。
<99年8月28日KS-NETミニオフ@Coo、肥後の石工、まいける> <99年10月9日FCAMP@Niftyへそオフ開催>

南阿蘇国民休暇村(熊本県阿蘇郡高森町 TEL:09676−2−2111)

阿蘇山の南側(裏側?)、南阿蘇にあるキャンプ場。広い林間サイトは夏場のキャンプであっても快適だと思います。かなりの数のキャンパーを収容できそうです。サイトによってはトイレが少し汚いような気もしましたが、それを除けば五つ星をあげても構わないでしょう。すぐ近くに高森温泉館があるので、キャンプサイトから歩いて数分で行けます。21時までしか入れないのがちょっと残念。ここも人気の高いキャンプ場ですね。

グリーンピア南阿蘇オートキャンプ場(阿蘇郡久木野村久石4141−9 TEL:09676−7−2131)

阿蘇南側の外輪山に位置するグリーンピア南阿蘇の中にあるオートキャンプ場。オートキャンプ場としてオープンして、まだ間がないところです。施設は綺麗なんですが、いろいろな施設はまだこれからと言ったところです。でもロケーションは最高のところで、かなたに阿蘇山、眼下に高森の街を望む景色の良いところです。料金もお安く、グリーンピア入場料:大人300円、サイト利用料:1500円。今後施設が充実してくれば、人気のスポットになるのは間違いないでしょう。

<98年5月23〜24日NIFTYSERVE、PATIO(KS-NET)ミニ・オフラインミーティング開催> 【参加者数】8組30人(大人:16人、子供:14人)

奥矢谷渓谷キャンプ場・Mother Nature”きらり”(熊本県鹿本郡菊鹿町 TEL:0968−48−9595)

熊本県鹿本郡菊鹿町と大分県日田郡上津江村の境の峠の中腹にあるオートキャンプ場。私は常設テントサイトを利用しましたが、林間にあるとても気持ちの良いサイトでした。常設テントは木で作られたデッキの上に設置してあり、なんと木で作られたテーブルとイスまであります。またテントから張り出されたタープまで付いていると言うことで、梅雨時に行った私たちも快適でした。これでテント使用料が4000円というのです。非常に安い!水洗トイレ、炊事棟、ゴミ捨てなど施設も充実しています。温泉はないのですが、管理棟にコインシャワーがあります。ただ、オートキャンプサイト(炊事、かまど、電源完備)は少し狭いようです。料金が5000円というのでまあまあかなと思うのですが、ここを利用するなら常設テントだと思います。このキャンプ場は子供達の遊具施設としてプールが完備されています。ウオータースライダーは子供達を夢中にさせてくれるようで、今回一緒に訪れたAKIさんの子供さんや肥後の石工さんの子供さんはキャンプ場に着くなり、水着に着替えて泳ぎ回っていたようです。ご家族連れには最適なところだと思います。

◎菊池高原ファミリーキャンプ場(熊本県菊池市大字原 TEL:0968−27−1228)

もともとは牧場ではなかったのかと思えるような広大なフリーサイトが広がっています。全体的には斜面になっていますが、入り口に近い下方のサイトは平地です。高原なので涼しいかなと思って、97年7月に行きましたが、酷暑だったのと木陰がなかったので暑かった。。。(笑)水場やトイレのレイアウトはよく考えられており、非常に便利でした。場内にはニジマスの釣り堀もあり楽しめます。管理人さんのご家族もアットホームな方で好印象でした。

◎ゴンドーシャロレー牧場オートキャンプ場(熊本県阿蘇郡南小国町大谷山高原 TEL:0967−44−0316)

この紹介を書いている現在はまだ見に行ったことしかなく利用していませんが、少し興味があるキャンプ場なので紹介しています。場所は猟師岳の麓、瀬の本高原を見下ろす場所になります。眼下に瀬の本高原を見下ろし、その向こうには阿蘇五岳がデーンと座っている。。風光明媚なキャンプ場だと言えます。キャンプサイトは4カ所ほどブロックに分かれていて、それぞれのブロックに15組から20組ほどが入れるんじゃないでしょうか。。そしてほとんどのブロックが芝生で木立がたくさんある、、というか庭園のような感じがする綺麗なキャンプ場です。場内には湧き水が豊富に出ていて、水はすべてこの湧き水を利用することになりますが、すべての炊事施設は流し放題。。水が濁らないようにだと思います。唯一難点をあげるとすればトイレが少ないかも。。そしてキャンプ場の奥にオフロードコースがあり、時々競技会があっているそうなので、気になるかもしれません。管理人の叔父さんは気さくな方でした。

ふるさと森林公園キャンプ場(島根県八束郡宍道町佐々布3353−2 TEL:0852−66−2500)

97年のゴールデン・ウイークに中国、四国とキャンプ場を渡り歩きました。島根県松江市に行ったのですが、その際に利用したのがココです。島根県宍道町の山手にあるキャンプ場でした。財団法人と言うこともあって料金がお安い。しかも開設して1,2年なのか非常に綺麗なキャンプ場でした。ゴールデンウイークというのにキャンパーが少なく、まだ知られていないような感じでした。サイトはゆったりと作られており、私はオートキャンプサイトを利用しました。ここのオートサイトは非常に広くテントとタープを張っても十分に余裕があり、テントをもう一張りできるほどでした。サイトには水場、かまど、電源が完備されていて、私が今まで利用したオートキャンプ場の中で1,2を争うんじゃないかと思えるくらいです。さすがにお風呂はありませんが、シャワールームが本館にありました。また今度利用してみたいキャンプ場です。山陰方面をキャンプされる方には一押しじゃないでしょうか。。。

経ヶ丸オートキャンプ場(岡山県井原市笹賀町経ヶ丸 TEL:0866−67−3511)

97年のゴールデンウイークに岡山に行ったとき利用したキャンプ場。公営キャンプ場なので、料金はお安めですが、設備はどうしてどうして立派なモンでした。岡山県井原市の近くの山の頂上に上手くレイアウトされたキャンプ場でした。私が予約したときはオートサイトは予約一杯でフリーサイトだと言うことだったのでちょっと不安だったんですが、このフリーサイト(めじろブロック)は水場をグルッと囲むように配置されていて、使い勝手が非常に良かったです。しかもこの水場は驚くことにお湯が出るのです。初めてだったので驚きでした。トイレは水洗ですし、シャワーも完備されていたのでここも一押しのキャンプ場です。ただ雑誌を見るとハイシーズンは予約待ち状態だとか。。。私が行ったゴールデンウイークは少し雨模様だったので、フリーサイトにキャンセルが出ていたようです。区画サイトの方は満杯状態でした。フリーサイトは我が家ともう一家族のみでゆったりと過ごせました。

備北丘陵公園オートキャンプ場(広島県庄原市上原町1300 TEL:08247-2-7000)

http://www.bihoku-park.go.jp/
KS-NETと兄弟関係にある中国地方のパティオ@C-NET。。ここのオフが2002年GWに企画され参加してきました。。。まんのう讃岐公園と同じく建設省管轄の国営公園の敷地にあるオートキャンプ場。。。テントサイトは3つぐらいテントを張ることが出来そうなぐらいの十分な広さがありました。。。芝生を張ったサイトは快適で流し、電源も完備されていました。。。共同の炊事棟はお湯も出るので奥様は喜ばれることでしょう。。。トイレも綺麗で水洗。。園内には比婆の里、花公園、大芝生広場などが完備されているので子供達も楽しめそうです。。。きっと予約するのも大変なことでしょう。

ゆとりすとパークおおとよ オートキャンプ場(高知県長岡郡大豊町中村大王 TEL:0887−72−0722)

96年ゴールデンウイークに初めてNIFTYのオフラインミーティングに参加しました。四国でオフラインミーティングが開催されると聞いて「この際だから高知に行って坂本龍馬に会ってこよう!」と思い、四国に行きました。場所は高知県長岡郡大豊町ゆとりすとパーク。オフ当日4月27日はキャンプ場のオープンの日でした。完成したばかりの町営のキャンプ場で、区画されたオートサイト、アスファルトの通路、シャワー完備のサニタリー棟など、九州で大自然に触れている私には驚くような感じのオートキャンプ場でした。なんとなく分譲住宅地の中でキャンプしているような気もしましたが。。。サイトはかまどと水道が完備されている芝生サイトで十分満足行くモノでした。料金から考えると恐ろしいくらいに贅沢な設備です。難点を言えば、標高が高いので風が強い事でしょうか。。。キャンプ場以外の遊戯設備も整っているので、ここも人気が高いことでしょうね。

橘ノ丘総合運動公園キャンプ場(香川県国分寺町 TEL:???)

97年5月3日に恒例のNIFTY四国オフラインミーティングが開催されました。場所は香川県国分寺町。総合運動公園の中のキャンプ場と言うことで、どんな所なんだろうと思いながら行ってみると、なかなか良いロケーションの所でした。全面芝生のフリーサイトは快適でした。公営の施設と言うことで料金もめちゃ安い!参加費を払いましたが、実際は幾らだったのでしょう?施設も充実しており公衆浴場が完備されています。ここも人気が高いんでしょうねえ。

国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場(香川県仲多度郡満濃町大字吉野 TEL:0877-79-1700 )

http://www.niji.or.jp/home/mannou/
99年夏に四国へ渡った際、四国のキャンパー山ちゃんのお誘いで利用しました。満濃池というため池に隣接した建設省管轄の国営公園。。そこの一角にオートキャンプ場があります。。。大きな芝生の公園などもあってキャンプ場の予約も難しい人気の高い施設のようです。キャンプサイトは斜面を利用して作られた段々畑状。。(笑)一番下のサイトだと歩いて管理棟に行くには大変です。。芝生が張られた区画サイトは快適で十分な広さが確保されています。トイレも水洗で女性にも安心。。管理棟にはシャワーやお風呂も完備されているので夏でもホッとします。