−第七章− 回転寿司が旨い!!


笑うベルーガ。。バンクーバー水族館にて。。
ベルーガを回転寿司で食べたわけではないし、ベルーガが回転寿司で口を開けているわけでもない。。(冷汗)


26日、9時近くに目が覚めました。。。久しぶりにグッスリ寝た感じがします。。
昨日のカナダ人&荷物騒動のおかげでしょうか。。(笑)

軽い朝食を済ませ、タクシーでグランビル・アイランドまでお願いする。
タクシーの運転手はなんとなくアラブ系の人。。英語の発音がちょっと違う。。。(笑)
地図を見せて目指すはモデルシップ&モデルトレイン&フィッシングミュージアム。。模型が好きな私としては外せない場所なのです。(笑)

グランビル・アイランドはバンクーバーの南側、、、大きな橋を渡った先の倉庫街。。
工場なんかもあって、こんなところに観光スポットがあるの??なんて感じで神様(妻)も不安気味。。(笑)

「Here!」と言われて下ろされた場所は小さなショップがたくさんあるハーバーの一角。。
そこのビルの中にミュージアムがありました。
お店のショーウインドウに列車や船の模型が並んでいます。
開店は10時なんですが、まだオープンしていない。。我々以外に外人が二家族ほど待っている。。
その列に加わって並びます。。
ほどなくして髭の叔父さんが受付を始めました。
中に入っての注意をいろいろと英語で説明してくれます。
「カメラは禁止だよ。。荷物を預からせてくれ。。1階は船の模型とフィッシングのコーナー、2階が列車のコーナーだけど2階は薄暗くしているから気を付けて歩いてくれ。。いったんミュージアムを出ても1時間以内なら再入場可能だ。。」
写真が写せないのはちょっと残念だけど、よく考えると仕方がないかもね。。

荷物を預けて早速入場。。
まずは模型の船から。。帆船模型だけでなくラジコンの船や潜水艦の模型まで展示してありますし、その大きさが大きい!!潜水艦の模型は2メートルぐらいあります。。。そしてテレビドラマのノーチラス号まで模型で展示しています。。

次に見たのが、フィッシングコーナー。。。釣りにはあまり興味がない私ですが、もの凄い数のフライフィッシングの竿、リール、フライ。。。そしてルアーもたくさん。。模型作りと一緒でフライなんかも時間をかけてじっくり作っているんでしょうねえ。。フライなんかは大きさがでかい!!狙う魚が如何に大きいかと言うことがわかります。。釣りをしている写真なんかもたくさんありましたが、いい雰囲気の写真が多いです。。

2階に上がって、いよいよここはモデルトレインのコーナー。。あらゆるタイプの模型の列車がガラスケースに陳列されています。。残念ながら日本のNゲージはありませんが、Oゲージ、HOゲージ、Zゲージまで。。よくもまあ、こんなにたくさん集めたモノだと感心します。。。そして圧巻なのはHOゲージで作られた巨大なシーナリー。。横幅20メートルはあるんじゃないでしょうか??大きな山を再現してその崖を縫うように列車が走っています。。高いところは2メートルを越えるぐらいの高さ。。説明文を見ると6000本の木はすべて手作り。。スーッと伸びたカナダの松を見事に再現しています。。。列車が走っています。。4車両ぐらいだったかな。。あまり大きなスケールなので次が走ってくるまでに時間がかかる。。(笑) 雄町や住宅地を再現している部分はないのですが、小さな駅や炭坑跡地なんかの処理はいい雰囲気を出しています。。。もちろん川の表面の処理なんかも。。そして木でやぐらを組んだ橋なんかも実際にありそうな感じ。。私が英語が堪能ならば制作秘話なんかを聞きたかったなあ。。。

一通り見終わって、出口に向かい絵はがきなんかを購入しました。。。シーナリーの雰囲気をホームページで紹介したかったですが、写真が駄目なので仕方がありません。。
帰り際に受付の叔父さんに「私は日本のNゲージでシーナリーを作ったことがある」と話すと、目の色がグッと変わりました。(笑) 話をしようとしたら受付にお客さんが来たのでそちらに叔父さんは行きました。。絵はがきとかを見ていたら、すぐに戻ってきて「Nゲージとはどのくらいの大きさだ???シーナリーのレールの総延長はどのくらいだ??」なんて質問を浴びせられた。。(笑) 「総延長は40メートルで4台の列車を同時に走らせることが出来る」と話すと「オー!!グレイト!!」だって。。(笑)
英語がもっと話せたら、もっと時間があったら、ラジコンのことなどゆっくり話したかったねえ。。
模型が好きな方は必見の場所です。。

 
写真が写せなかったのでショップで購入した絵はがきから。。
そうそう、、絵はがきにホームページのURLが書かれてあります。
モデルトレインはこちら。。
モデルシップはこちら。。
お店の中が詳しく紹介されていますし日本語のサポートもあるようです。

グランビル・アイランドのショッピングモールは倉庫街を改装したようなゴチャゴチャした所です。
日本人の姿はほとんど見られません。。。いや、全く見なかったな。。。(笑)
これから発展していくところなのかな??と感じました。

さて、今日の予定はこの後、バンクーバー水族館に行くことです。
バンクーバー水族館はダウンタウンの北西側。。。ホテル街を挟んで現在地とほぼ反対側になります。
とても歩いていける距離ではないのでタクシーを拾いました。
今度はインド人。。。いろんな人種を楽しめるバンクーバーのタクシーです。。(笑)
「プリーズ、、スタンリーパーク、、、バンクーバー・アクアリウム」で通じました。。(笑)

スタンレーパークはバンクーバー湾をふさぐような感じになっている緑豊かな大きな公園。。
バンクーバー市民の憩いの場なのかな。。ジョギングやサイクリング、ローラースケートをしている人を多く見かけます。
その公園の中にバンクーバー水族館があります。
日本の水族館のように奇抜な建物ではありませんが、バンクーバー近辺のいろんな魚を展示してあります。
ここの目玉はベルーガとシャチ、ラッコ。。。シャチは展示水槽が改装中で残念ながら観ることが出来なかったです。
ベルーガはショーがありました。
そんなに大きいとは思えない水槽に5頭のベルーガが泳いでいます。。浜田のベルーガと違って大人です。。真っ白の体が目立ちますし綺麗です。一番大きなベルーガは体長が10メートル近くあるんじゃないでしょうか?そしてこの図体の大きなベルーガがジャンプするのですが、さすがに重そう。。高さはありませんが迫力があります。。(笑)
顔の表情や仕草は浜田の子供のベルーガと同じで愛嬌満点!!外人さんも水槽の近くでズーッと眺めています。。

展示水槽にはバンクーバー湾近郊に住む魚やカニ、鮹、イソギンチャクやなんと蛙まで。。。(笑)
イソギンチャクが凄い。。。大人の拳ぐらいの大きさで赤や緑の色です。。
柳川料理にイソギンチャクの料理がありますが、こんな色のイソギンチャクが出てくると食欲が萎えるなあ。。。仮に招待されても遠慮したいよ。。
はたしてカナダの人はイソギンチャクを食するのでしょうか?(爆)

 
(左)ベルーガショーの開始。。観客に日本人はいない。。ナレーションのお姉ちゃんは綺麗だけど、でかい!!やっぱりカナダ女(笑)
(右)ベルーガのジャンプ!!!と言っても巨体なのでこの程度の高さ。。でも、この後の水しぶきが凄い!!

水族館を後にして、公園内をノンビリ歩きながらホテルへ戻ります。。
タクシーで帰ろうかとも思いましたが、そんなに遠い距離でもないし神様(妻)も元気なようだから歩きました。
バンクーバーのショッピングゾーン、、メインストリートはロブソン・ストリート。。いろんなお店やレストランがたくさんあります。。
もちろん日本人がいるお店も多く、日本食のお店もありますし日本語もたくさん見受けられます。
昼食はうどんにしました。。。出てきたうどんはカトキチの冷凍うどんのような感じです。。(笑)
でも久しぶりに食べるうどんは懐かしい味。。。

ホテルに一旦戻って、午後からはお土産やお買い物。。。
VirginのCDショップでカントリーやジャズのCDを購入。。映画のDVDも売っている。。なんと!!まだ未公開の映画がDVDで発売されている!!なんだかこれって凄いねえ。。
OKギフトショップはあまり利用したくなかったけど、店内を視察。。(笑)
店員さんは日本人がほとんどなので団体旅行の叔母ちゃま達は安心して買えますね。。。日本円でもOKとなってました。
免税店で友人達へのお土産のTシャツを購入。。ここで購入した品物は空港で受け取ることになります。

夕食は回転寿司にしました。
バンクーバーは新鮮な魚があるだろうと思ったので。。。
お米が長粒米ではなく日本のお米だったので美味しい。。もう少し酢が利いていると嬉しいけど。。サーモンの本場だけあって鮭とかイクラが美味しい!!日本のインチキイクラと全然違います。。(笑)
でも変わった寿司ネタもありますね。。。アボガドとか。。。天ぷら巻きなんてのも。。。(笑)

バンクーバー最後の夜は荷物の整理です。。。(笑)
お土産が多いので荷物が多くなっちゃってねえ。。。でも、なんとか綺麗にパッキングできました。

さあ。。。アクシデントやいろんな事があったカナダ旅行もいよいよ明日で帰国。。
いろんな人に出会えたし、いろんな動物にも出会えたし、またいろんな新しいこともたくさん覚えました。
はたして次回またここに来ることがあるんだろうか??
カナディアンロッキーはまた来たい気がするし、ナイアガラの滝はまだ見ていないよねえ。。ノース・バンクーバーも綺麗らしいし。。
なんて考えていたら寝込んじゃった。。。(爆)

次へ続く。。 目次へ