ここにはダイビングの記録を残します。
ついでにシーカヤックやシュノーケリングの写真も。。


100本になったので

100本を達成したので、新しくページを変更しました。
こちらをご覧下さい。


BCにこんなのを付けちゃいました。


100本ダイブ@阿嘉島

2006年10月

ついにこの日がやってきました。
昨年4月にライセンスを取得して、早いモノで1年半。。いよいよタンク100本目のダイビングです。

いつもお世話になっているシーサー美浜店の社員達3人が一緒に潜ってくれました。
そして神様(妻)のアドバンス講習を阿嘉島の我が娘(笑)がやってくれました。
とにかく天候に恵まれて最高のダイビングでした。
ガイドを担当してくれた高田さん、月見さん、東海林さん、井手さん、草野さん、、どうもありがとうございました。


平日、仕事を終えてからナイトダイビング

2006年10月

「今度、僕たちとナイトダイビングをやりませんか?」

いつものショップの店員SくんとNくんが誘ってくれた。
彼らとは今度の阿嘉島遠征で一緒の予定なんだけど、砂辺海岸のナイトダイビングも魅力あり!
おまけに私があまり潜らないポイント『砂辺NO.1』。。
Sくんが講習でいつも潜っているので、地形は隅から隅まで知っているので安心。。

結局、Sくん、NEくん、NAくんと私の4人は21時前に集合して、砂辺海岸の暗い海へエントリー。。
昼間ほど魚は多くないが、寝ぼけたフグやイカがウロウロしている。。(笑)

で、、今回のヒットは「ハナイカ」。。非常に綺麗でした。

10月のナイトダイビング、、、寒いかと思ったけど、全然そんなじゃなかった。。
また行きたいねえ。。


コクテンフグ。。。まるでアザラシのようになった。。(笑)
今回新調したデジカメはワイドが写せるので、こんな画像が撮れます。

高知県沖ノ島遠征ダイビング

2006年9月

高知県沖ノ島を潜ってきました。
私にとっては沖縄以外の海で初めて潜るので、ちょっとドキドキでした。

沖縄で見かける魚もいるんだけど、どれも個体が大きい。
そして、もちろん沖縄で見かけない魚も多い。。なんだか一カ所にギュッと凝縮されているような感じでした。
奥が深い海なんだなあって感じです。
チャンスがあったら、また訪れてみたいところです。

なお、一部の画像はご一緒した甲斐さん、萩野さん、近藤さんにご協力いただきました。


恩納村を潜る

2006年8月

たまには違ったポイントを潜ってみようと思い、シーサー美浜店の吉村店長にお勧めを聞いたら「恩納村はどうですか?」の返事。。

と言うことで、本日は恩納村に行って来ました。
利用したショップは「マリンクラブBerry」。。。いつものショップの姉妹店なんですけどね。(笑)

8時30分集合と言うことで、ちょっと早めに到着。
「クロスポイント」と「万座ドリームホール」を潜ることになった。
ガイドは店長の片山さん。。。楽しい方でした。
そして一緒に潜る方が若いカップル。。Cカードを取得したばかりだそうです。
3人のお客に船が一艘。。贅沢であります。。(笑)

一本目の「クロスポイント」は定置網漁の跡。。砂地に大きなバッテンが描かれてます。
ここの目玉はトウアカクマノミ。。通称トウアカと言いますけどね。
私にとって今まで見たことがないクマノミなのです。
期待にワクワクしながら、エントリー!!!
今回はバックロールエントリーではなくて、フロントロールエントリーをマスタしたかったのです。
片山さんに要領を聞いてチャレンジ!
上手くできました。。(拍手)

二本目の「万座ドリームホール」はダイビング雑誌などでも有名なポイント。
ここも一度潜ってみたかったので、ワクワク。。(笑)

画像は以下に掲示します。
とにかく、恩納村の海も侮れないです。。。また行きたくなりました。

イトマンクロユリハゼ ついに遭遇できましたトウアカ。。(笑)
こんな砂地のあちこちにコロニーが存在するんです。
写りが悪いけど、ヒレフリサンカクハゼ。。
ハゼには綺麗なのが多いから、頑張って撮したい。
逃走中のハコフグ。。(笑) 今回は綺麗に撮せたミナミハコフグの幼魚
ドリームホールの入り口は垂直です。 ドリームホールの高さは20m
出口は横穴。。この光景が名前の由来
とても綺麗でした。
ガイドさんに続いて出口を出ます。
ウミウシの卵 アカモンガラ。。出っ歯?(笑)

自分でタンクを借りて潜る

2006年8月

以前から考えていたことなんだけど、そろそろ自分でタンクを借りて潜ってみようと思い、
ショップに電話してタンクを借りに行く。
ポイントは潜り慣れている砂辺海岸。。。ショップの店員さんに地形の説明を受けていざ出陣!
ソフトコーラルのポイントを中心に残圧と深さ、流れを気にしながら2本潜りました。
ちょっと迷っても浮上して海岸を確認できるから一安心。。(笑)

お天気が良かったので海の中は明るかったなあ。 ノドグロベラの幼魚。。フワフワ漂ってました。
ミナミハコフグの幼魚。
フォーカスが合わなかったのが残念!

「明日、潜りませんか?」
会社の同僚から声をかけられた。
ガイドのライセンスを持っている彼だけど、お互いの予定がなかなか重ならず一緒に潜るチャンスに恵まれていなかった。
もちろん即答でOK!!
ついでと言っては失礼だけど、知人のYくんにも声をかけ、9時に真栄田岬で待ち合わせ。

知人のYくんは学生時代にCカードを取得して200本以上潜っている経験者。
今回のダイビングでようやく80本に達する私はヒヨコのような存在。。。。ピヨピヨ。。(笑)

一本目の終わりに同僚が「スキルチェックしましょう!」と言うので、2種類ほどやりました。
一つはロープがファーストステージに絡まったというトラブル対処方法。
中性浮力で足をばたつかせずにBCの脱着&装着。
右手から脱ぐか?左手から脱ぐか?
一瞬迷いましたが、すぐに理解できました。
二人ともOKが出た後、お次は1m、3m、5mの中性浮力。
1mの中性浮力は先日慶良間の浮上時に練習していたから楽勝!(笑)
5mmのウエットスーツだと難しいんですけど、経験がモノを言いました。
「予想以上に完璧ですよ!」の言葉を頂戴しました。(歓喜)

今回の真栄田岬ダイビングでどうやら地形を理解できました。

ヒメアイゴ ヤマブキスズメダイ
ハチマキダテハゼ

2006年7月

福岡からブダイさんが一家でやってくるというので、ダイビングに合流することにした。
いつもの阿嘉島を目指す。
今回は長女のミオちゃんがライセンスを取得したので、一緒に潜ることになる。
他人のお子さんだけど、なんとなく嬉しい気分でワクワク。

到着後、1本目は『久場南』、2本目は『白』。。そして3本目は『北浜』でナイトダイビング。
神様(妻)は初めてのナイトダイビングなのでトレーニングダイビングをお願いした。
10mの海底から海面を眺めると、月と北極星が輝いていた。。。
思わず海底に仰向けになって寝ころんで眺めた。。。夢のような時が過ぎていった。
港に戻る船の上にも沢山の星達。。最高!!!

翌日は午前中、ブダイさんの一家と一緒に『ヒズシビーチ』でシュノーケリング。
水平線には久米島も見えていた。
午後から2本潜る。
1本目は『ブツブツサンゴ』、2本目は『佐久原かくれ根』。。
ヨスジフエダイの大きな群れが優雅に漂っていたのが印象的だった。。深かったけどね。(笑)

最終日、ブダイさん達は午前の船で本島に帰った。
午前1本、午後1本潜る。
1本目は『安室魚礁』、2本目は『アンツタワー』。。
安室魚礁ではエントリー直後にツバメウオの群れが20匹ほど海面を漂っているではないか!!!
魚礁にも多くの魚達とその回りには見事な珊瑚。。素晴らしいところでした。
アンツタワーではのんびりとダイビングさせてもらいました。

今回のダイビングで神様(妻)はちょうど50本。
私はゾロ目の77本を達成!!いよいよ100本の大台が近づいてきた。

 

阿嘉島は全力で夏ですよー!!!
前浜と椰子の木並木
ヒズシビーチでシュノーケリング。。向こうに見えるのは無人島の久場島。
ナイトダイビングで見たウメイロモドキ ヒメフウライウオ。。顔が可愛い。
安室魚礁のツバメウオ。。奥の四角が魚礁ね。 ツバメウオにそっくりなアカククリ
やっぱりいました。。ゴマモンガラ。。(笑) でかいロクセンヤッコ
タイワンカマスの群れ 魚礁の回りには珊瑚がビッシリ!

70本達成!

2006年6月
激務だった6月もいよいよ最後。。なんとか順調に仕事をこなせたので休みを頂きました。

「30日は僕も休みなので潜りませんか?」
シーサー美浜店のY店長からお誘いの言葉があったので、即OK!!(笑)
真栄田岬を2本潜ってきました。
8時に真栄田岬の駐車場で待ち合わせ。
平日なのでそんなに混んでいないと思っていましたが、ギリギリで駐車できました。
回りにいるのは外人さんがほとんど。。。観光客は少ない感じです。

1本目は左の根のある方向へ。
潜る前、Yさんから簡単に地形を説明していただきました。
「重要なポイントに来たら確認しましょう!次回はガイド無しで潜れるようになりますよ」
エントリーしてみると、いきなり海面近くにサヨリの群れ。。
チェーンを伝い、左へ向かう。
キンギョハナダイ、クマノミ、オヤビッチャが沢山迎えてくれる。
時期的に幼魚の姿も多く見受けられますね。
大きな根をぐるりと回り、チェーンに戻ってエキジット。
目印の根を二つ確認できたので、次回はガイド無しでも潜れそうです。

休憩を挟んで2本目に。。
準備を始める頃になると、駐車場は大混雑。。シュノーケリングや体験ダイビングのお客さんで混み合ってきました。
平日だけど平日だけど、沖縄本島の人気ポイントだから混み合います。
2本目はチェーンをたどって、その後は深場へ。。
30mの世界。。大きなドクウツボやジョーフィッシュを見ました。
その後は深度を上げて洞窟へ。。
洞窟の中にはアカマツカサ、スカシテンジクダイ。。特にスカシテンジクダイはライトに光って非常に綺麗。
ただ、残念なのは洞窟の海面に多くのダイバーがいて浮上できない。。(笑)

無事に2本潜り終えて帰宅したのは11時少し前。。(笑)
Yさん、、どうもありがとうございました。

翌日は最初から予約していたガイドの大城さんと一緒に、再び洞窟へ。。
7時30分に駐車場で待ち合わせ。大混雑でなんとか駐車できました。
8時前にエントリーして洞窟へ。。
朝早いのでシュノーケリングのお客さんは全くなし。
一番奥まで行って浮上。。洞窟をじっくりと眺めることが出来ました。
洞窟の水底には昨日見られなかったリュウキュウハタンポや海老も確認できました。
その後は崖沿いをゆっくりと移動しながら、無事にエキジット。。
今回は浅かったせいもあるけど、なんと60分を超える長時間。。。(笑)
洞窟までのルートも判ったので、真栄田岬は完全に地形を覚えました。
大城さん、、、いつもありがとう!!

そしてついに70本を達成しました。(拍手)


2006年6月、粟国島遠征ダイビングに行ってきました。

沖縄本島からダイビングボートで1時間30分。。。慶良間諸島のちょっと北にあるのが粟国島です。
5月から6月にかけてギンガメアジが大きな群れを作ると聞いたので、友人と行きました。

1本目は大きな瀬が3つほど集まっている「筆ん崎」。
当然、狙いはギンガメアジの群れ。。
大物が集まるところは当然流れもあって、ガイドが行う注意のメインは流されたときの対処方法。。(笑)
用心のためにブダイさんから頂いていたフロートを持参していて良かった。。
残念ながらギンガメアジの群れには遭遇できませんでしたが、
ナポレオンフィッシュやイソマグロ(100匹以上)、ツンブリの群れを発見。。
イソマグロは1m以上はあったと思います。
最初、ぐるぐるとトルネードのように回っていた群れが、我々の方へ泳いできて壁のようになりました。
目の前を非常にゆったりとそして悠然と泳ぎ去っていく姿には感動を覚えますね。
ギンガメアジの群れには遭遇できなかったけど、1本目は十分満足行くモノでした。
浮上間際には潮の流れも強くなり、安全停止の時はアンカーロープにしがみつくんですけど、6人のダイバーは鯉のぼり状態。。。(笑)

2本目はポイントを変えて「塩工場前」。。
ここは比較的浅く、狭い回廊のようなところをノンビリと移動していくんです。
12時頃なので回廊に上から差し込む光のカーテンがなんとも神秘的。
非常に癒される空間でした。

お昼ご飯を食べた後、しばし休憩。。
3本目は再び「筆ん崎」。。
午前ほどは流れが無くなっていました。
海面から調査してきたガイドが戻ってきて一言。。「ギンガメがいます!」
エントリー後、しばらく泳いでいると、、お!!数匹のギンガメアジのような。。
と、思った瞬間、、目の前に現れた光景にドッキリ!!
正面の岩場に沿うようにギンガメアジの巨大な群れ。。。
50センチサイズのギンガメアジが1000匹以上!!!右に左に悠然と泳いでいる。。
こんな大きな魚の群れを観たのは初めてですし、それに1匹が50センチ以上!!
おまけに時々、2メートルぐらい前を通過するので息の呑んでしまう。。
しっかりと動画に納めてきましたが、あまりの興奮と流れもあって画像が安定しない。。
と言うか、あまりの多さのためにどこを撮して良いのか判らない。。(笑)
とにかくもの凄い光景を目にしました。

「先月は今日の3倍ぐらいの群れでしたよ」。。船に上がってのガイドの一言。。
これだけでも凄いのに。。(笑)
ギンガメアジは大きな群れを作っているけど、カップルが出来ると離れていって、最終的には群れはなくなってしまうんだそうです。
来年は5月に来なくては!!(笑)

帰りは夕日を浴びながら1時間30分をかけて本島に戻りました。

ナポレオンフィッシュ。。まだ、おでこが小さい。 ツンブリの群れ、、黒いのはアカモンガラ。
見よ!この行進を!!イソマグロの行進であります。
流れがあったので安全停止は鯉のぼり状態。。(笑) 2本目の回廊。。カーテンのような光に癒されますなあ。
本日のメイン。。ギンガメアジの巨大な群れ。。
息を呑むような巨大な群れに圧倒されました。

今回利用したショップのブログ


2006年4月

慶良間諸島へ日帰りボートダイビングに行ってきました。
3月に比べるとかなり海水温が上がってきているようですが、海水温は23度。
フードベストがないと少し寒いです。

今回はシーサー那覇店のガイドの斉藤さん、船長は池亀さんでした。。。お世話になりました。
潜ったポイントは『7番@座間味島』、『座間味島灯台前』、『儀志布西』でした。
北風から南風に変わる日だったので透明度が少し心配でしたが、20mでした。。綺麗でしたねえ。
今回のダイビングで60本に到達しました。

そして帰り際に船の上からマンタを見ました。
ダイビング中に現れてくれたらもっと良かったんだけど、生マンタは初めてでした。(笑)

求愛中のクブシミ ハナゴンベはライトの力が不足で綺麗に撮れませんでした。
どうしてこんな綺麗な色をしているのか不思議です。
シンデレラウミウシ
小さな小さなムラサキウミコチョウ。。1cmぐらい。。
キイロウミウシ。。これは初めて見ました。 タイマイを3匹も見ました。

この他にもネムリブカやナンヨウツバメウオ、蛸なども見ましたよ。


2006年3月

阿嘉島でダイビングしてきました。
海水温はやや低くちょっと寒く感じましたが、風邪にもめげずに頑張って潜っちゃった。(笑)

今回もシーサー阿嘉島店の井手さん、月見さん、そしてアシスタントに草野さくらさん、そして船長の高山さんにお世話になりました。
初日は『ブツブツサンゴ』、二日目は『アダン下』、『佐久原隠れ根』、『シャーロック・ホールズ』、最終日は『北浜』、『ガヒ』。。

特に今回はヤシャハゼを撮影できましたし、ウメイロモドキの大群、キビナゴの大群にも遭遇しました。
動画で保存しているのでご覧ください。
キビナゴの大群は凄かったなあ。。10分ぐらいズーッと眺めてました。
他にもいろいろと画像があるんだけどね。。今回はこれだけ。。(笑)

これで57本まで到達しました。


ずいぶん更新をさぼっちゃいましたが、2006年1月にダイビング本数が50本に到達しました。
場所は慶良間諸島の『ブツブツサンゴ』。。
50本のお祝いに海中でシーカーサーゼリーを食べてきました。(笑)
一緒に潜ってくださった伊本さん、ガイドの月見ちゃん、アシスタントの東海林さん、そして船長の高山さん。
いろいろとありがとうございました。(感謝)
今後は100本を目指して頑張ります!

と言うことで、、1月の3連休は潜り初めとして阿嘉島に行って来ました。
初日は『北浜・アザハタの根』、『佐久原隠れ根』の2本、二日目は『シル』、『久場南』、『アンツタワー』の3本。
そして最終日は『ブツブツサンゴ』、『ouハーレム』の2本。。これで51本までやってきました。

シーサー阿嘉島店のハッピー号。。。カラーリングは女性スタッフのアイデアだとか。。

暖房が効いたキャビンがあって冬でも快適です。
冬の海は透明度が高い。。そしてウミウシがたくさん見られます。
小さいので探すのは大変だけど、慣れてくるとすぐに発見できるようになりました。
そして今回嬉しかったのは鯨の声が聴けたこと。
声と言うより歌かも。。ダイビングの間中、ずっと聞こえていました。
今回初めて見た白黒パンダの魚。。名前失念。。
左は阿嘉島の前浜。。白い珊瑚の砂浜は綺麗です。
画像には写っていないけど、この右には青い海が広がってます。
遠くに見えるのは阿嘉大橋。。。阿嘉島と慶留間島を繋ぐ橋です。

右は慶留間島の砂浜にいた慶良間鹿。。
海岸の白い砂浜と鹿、、鹿と言えば山にいると思いがちなので、少しミスマッチ。。(笑)

動画テスト中

video3 へのリンク


2005年8月 北谷町砂辺海岸にてビーチダイビング。
朝から少し西風が吹き始め、予定時刻の11時過ぎには潮が満ち始めたため、やや波が出る。
よって1本だけ潜ることにした。(17本目)
ポイント名は『砂辺カリフォルニアサイド』。。エントリーしてしばらくするとソフトコーラルが一面に広がる。

北谷町砂辺地区は沖縄本島でも人気のポイント。
今回のポイントは一番人気のちょっと南。
綺麗なポイントだが、ここに潜るダイバーは少ない。
このように一面にソフトコーラルが広がっている。
私は好きなポイントです。
今回のヒット作。。クロハコフグの幼魚。 フリソデエビが隠れていました。
ソフトコーラルの根本は逞しい。(笑) 綺麗な色のホヤの仲間。

2005年8月 慶良間諸島へボートダイビング。
1本目@黒島北ツインロック(14本)、2本目@座間味ラビリンス(仮称)(15本)、3本目@ジツル(16本目)
朝から快晴の良いお天気。透明度30m。
中国大陸の上陸した台風の影響で場所によっては20mに。。
黒北ツインロックではダイナミックな地形を楽しんで初めてドリフトダイビング。。。緊張したけど、なかなか面白かった。
ジツルは珊瑚が多くて楽しめます。

ハギの仲間だけど名前が解らない(笑) ソフトコーラルのお花畑@黒島ツインロック
カスミチョウチョウウオ ダイナミックな地形@黒島ツインロック
右側は50mまでドーンと落ちている ドリフト浮上のための準備中のガイドのAKIさん。
足の下は100m近い。。
座間味ラビリンスで見つけたウミウシ ユビエダハマサンゴが多いジツル

2005年7月 沖縄本島南部にある大渡海岸でシュノーケリング。
大きなタイドプールがあって珊瑚も見受けられました。
魚も多く、子供さんでも楽しめるポイントです。

沖のリーフまではかなりの距離。
手前にあるタイドプールは広く深さもあって楽しめます。
フウライチョウチョウウオ
魚の巣(笑) ツノダシ
セグロチョウチョウウオ チョウハン
名前不明 シマハギ

2005年7月 恩納村へボートダイビング。
1本目@万座ビーチ沖「万座コーラル」(12本)、2本目@万座毛「スリーロック」(13本)
朝から快晴の良いお天気。風も少なく透明度20m強。


2005年7月 慶良間諸島へボートダイビング。
1本目@渡嘉敷島「アリガー」(9本)、2本目@座間味島「ドラゴンレディ」(10本)、3本目@渡嘉敷島「サンドトライアングル」(11本目)
朝から快晴の良いお天気。透明度20m。
残念ながら2本目の画像はカメラが曇ってしまった。
3本目は途中で電池切れ。ハナビラウツボを初めて見ただけに残念!


2005年7月 遊び仲間のてんもりさんと浜比嘉島でシュノーケリング。
浜辺に立つと沖に無人島「浮原島」が浮かぶ、、、まるで慶良間諸島を思わせる綺麗な海でした。
でも、残念ながら魚の数が少なく、シュノーケルには適さなかった。
アマモが沢山生えていたので、ジュゴンが時々来ているかもね。


2005年6月 真栄田岬でダイビング。
沖縄本島で大物の魚が見られる人気スポットの真栄田岬。
なんとカメラのスイッチを入れ忘れて画像は無し。。トホホ。。


2005年5月 仕事の友人と慶良間諸島でボートダイビング。。
1本目@渡嘉敷島「カミグー」、2本目@渡嘉敷島「アリガー」、3本目@座間味島「唐島No.2」。。
雨の予報も出ていたけど、そんなことは全く関係のない良いお天気でした。

透明度が高く非常に綺麗な海でした。

今回初めてアカウミガメを見ました!
優雅に舞う姿は感動しますねえ。

生まれて間もない1センチほどのカクレクマノミ。
小さくてもみんなで元気に生きてます。(笑)

サザナミフグを何度も見ましたが、顔半分に
アザ(?)がある変な顔のヤツもいました。(笑)

ウミテングが泳ぐ姿も初めて見ました。

BCD、レギュレータ、オクトパス、残圧計&コンパス、ダイビングコンピュータを思い切って購入!

沖縄に住んでいるわけだし、メンテナンスも気楽にショップに持ち込めそうだから
ショップ店長がお勧めの激安セットを購入しました。

祝!Cカード取得!!!

2005年3月26日:Cカード講習初日CWトレーニング@シーサー美浜店プール
2005年4月2、3日:Cカード講習OWトレーニング@砂辺海岸、チービシ神山南(1本目、2本目、3本目、4本目)

同期の桜は岡本さん、佐々木さん、八尋さん。。機会があったら一緒に潜りましょうねえ。


2005年3月 内地から来た友人家族と崎本部にてダイビング。。

もっと見るならこちらへどうぞ。


2004年11月沖縄青年の家主催「エンジョイシーカヤック」にて

 

 

 


2004年9月慶良間諸島ダイビングにて

 

 


2004年8月シーカヤック&キャンプ@慶良間諸島座間味島にて

 

 

 


2004年7月シュノーケリング@知念村コマカ島にて



 


2004年6月体験カヤック&シュノーケリング@玉城村奥武島にて

 

 

 


2004年6月初ダイビング@北谷町砂辺海岸にて