『SPW2003@阿蘇』 遠征記−その1−

その2へ


今年はどうしよう?

この疑問が沸き起こったのは、今年のSPWを待ちわびていて、日程が発表になった時だった。
昨年10月、沖縄に転勤となり、当分九州でのキャンプは出来ないかも、、と半ば諦めていた頃でもあった。

Cooさん、都合がよかったら来てくださいよ!!

と、山井社長のお誘いの言葉であった。

KS-NETのメンバーからも「今年も参加するぞ!」の声が聞こえ、内心焦っている自分にちょっと驚いた。
「阿蘇までどうやって行くんだ?」「荷物や食事はどうするんだ?」「飛行機を使って参加するなんて費用はどうなるんだ?」と考える自分もいて困惑したのも事実。

社長がそこまで言ってくれるのだから行くべきよ!!

とは神様(妻)のお告げ。。
折しもネットで調べると航空会社のバーゲンフェア、、片道¥7000也!!

これは安い!!

でも、沖縄から飛行機で参加するなんて、みんなに呆れられはしないだろうか?
呆れると言うよりも笑われたり、、、ともすると、非常に濃いスノーピークファンと思われるのではないだろうか?
私はスノーピークの製品は好きだけど、他人に自慢するほどスノーピークの製品を持っているわけではない(と思う(笑))。。

結局、スノーピークの新製品を見たい、、山井社長と再会したい、、社員の方々と語り合いたい、、そしていろいろなキャンパーに会いたいし再会したい!!
この気持ちに押される形で航空券を予約してしまった男が沖縄にいた。。(笑)

次に心配したのはテントやクック用品などの装備。。
沖縄に来て購入したSlumberjackのテント。。これをメインに装備を考えた。
ソロ用のランタン、クッカー、シングルのストーブ、そしてシュラフ。。
35Lのザックに何とか収まりそう。。でもポールはザックの横に貼り付けることになった。

Cooさん!車で迎えに行きますよ!!

多くの方々から私の足になるべく申し出があった。。
正直に言って、、嬉しかった!
私にはこんなにも多くの心優しき友人達がいたのかと思うと涙が出そうなくらい。。
申し出ていただいた方々に感謝するとともに、、

丁重にお断りした。(爆)

よーく考えると、会場のいこいの村キャンプ場はJRいこいの村駅の近く。。
徒歩で30分から1時間ほどの距離なのである。

バックパッカーになってみよう!!!

そして、、「沖縄から歩いてきました!!」

この言葉を口にしたくなった。。(笑)

と言うことで、、SPW2003@阿蘇、、、遠征記をここに記す。。続く。。