『SPW2004@歌瀬』 遠征記−その1−

駅伝の旅(那覇〜福岡〜佐賀〜歌瀬)


今年のSPWはどうしよう?

と考えたのは、SPW九州の発表を聞いてから。
今年はなんと、歌瀬キャンプ場に帰ってくるではないか!!

第一回のSPWは雨と強風の三愛高原オートキャンプ場。。。あれは辛かった。
第二回SPWは歌瀬キャンプ場。。。春を思わせる陽気は前年度の苦労を忘れさせてくれました。
第三回SPWも歌瀬キャンプ場。。。2年連続で歌瀬で開催されたのには驚きました。
第四回SPWは阿蘇いこいの村キャンプ場。。。飛行機&列車&徒歩での参加は記憶に新しいです。

そして今年、、、SPWが歌瀬に帰ってきた!!と手を挙げて喜びたくなるほどの驚き。。
歌瀬キャンプ場がオープンして間もない頃から利用(応援)してきた私とKS-NET。
参加したい!!の思いはつのるが、歌瀬までどうやって行くべきか??
昨年はキャンプ場の近くに駅があり、JRの利用が可能だった。
ところが歌瀬は列車で行くとしても高森まで。。
うちのユミちゃんに迎えに行かせますから是非来てください。
歌瀬の社長の暖かい言葉に参加を決意したのである。
決して美人事務員のユミちゃんが迎えに来るからと言うわけではない。(笑)

Virgoさんに急な用事が発生して行けなくなった!!

私の足として申し出てくれたVirgoさんの身内にご不幸が。。隊長!SPWに参加できません。
ありゃ?困った。。
いろいろ考えた結果は、仕方がない!!JRで高森まで行こう!!俺にはユミちゃんがついている!!(笑)
と決心した直後、偶然にも東京にいる谷口VINちゃんから電話。
今、博多にいるんだ。。土曜日の午前中だったら時間が作れるから、鳥栖ぐらいまでだったら送ってあげるよ。

そして、その直後に再び電話。。今度の相手は長崎のぎやまんさん。
鳥栖からJRを使わなくても僕の車に乗ればいいよ。

お二人の暖かい申し出と心意気に感謝しつつ、那覇空港を飛び立つ。。
ユミちゃんの方が良かったんだけどなあ。。(笑)

那覇空港には今でも免税店があります。
内地から来た旅行客は帰路に免税品を購入できます。
一方、沖縄に住んでいる人は内地に行く時にしか免税品を購入できません。
だから沖縄から内地に旅に出る時、自家用の化粧品を購入した場合、旅の最中にずっと免税品を持参しておかねばなりません。
免税品は他県に行く時にしか買えませんので、離島に行く時は利用できません。
これはつまり、沖縄県が外国だった時代の名残なのです。

 

行楽日和の福岡空港。。旅行客で賑わっている。
週末に単身赴任先から家族の元へと帰るのか?それとも出張帰り??
とにかく日本のサラリーマンお父さんは頑張っているんだなあ。(笑)

 

今回の目的の一つはSPWだけど、もう一つ、じゅんぺーちゃんのお店がオープンしたのでお祝いにシーサーを。。
シーサーには招福厄除の意味があるので、しっかり彼のお店を守ってくれることでしょう。
彼のお店はリンクのページから辿ってください。

 

昼食は鳥栖市近郊のリンダ亭でフグ&海老フライ定食。
海老フライの衣がパリッ!としていて、いい歯ごたえ。。

 

高速長崎道の金立サービスエリアで長崎からやってくるぎやまんさんと待ち合わせ。
ここで駅伝のタスキリレー。(笑)
歌瀬までの荷物(?)を受け渡し。。ガッチリと握手!!
谷口VINちゃん!!どうもありがとう!
(ちなみに谷口VINちゃんは2001年のカタログ89ページにモデルとしてファミリーで登場しています)

谷口VINちゃんと別れたぎやまん&Cooは歌瀬を目指したのでした。。


その2へ続く。